• TOP >>コラム >><アロマテラピー>こんなこともできる!精油の楽しみ方 1
  • <アロマテラピー>こんなこともできる!精油の楽しみ方 1

    精油の基本を知っていただいたところで、生活の中で楽しむための使い方と注意点をお伝えしたいと思います。
    アロマテラピーを始めてみると、きっと心身に大きな変化が現れるのを感じられることでしょう。
    やりやすいと思われるものから始めてみてくださいね。

    精油を使うときの注意点

    精油は天然由来のものですが、成分が濃縮されているものなので使い方にはいくつか注意点があります。まずはこれを覚えておきましょう。

    ○直接肌につけたり、飲んだりしない
    精油の中には直接肌につけてもよいといわれているものもいくつかありますが、初めての場合はなるべく植物油(キャリアオイル)などで薄めてからつけましょう。
    レシピの濃度はしっかり守り、濃くなり過ぎないように気をつけてください。

    ○乳幼児、妊婦の方は注意を
    3歳以下の乳幼児には、香りをかがせる以外の使い方は避けましょう。
    12歳以下の子どもたちにはまず大人の半量でようすを見てから使いましょう。
    また、妊娠中に使うと危ない作用のある精油もありますので、説明書や本などでしっかり確認してください。

    おもな注意点はこのようなことですが、各精油の説明書をよく読んで安全に使ってくださいね。

    精油の楽しみ方

    1.芳香浴

    精油の香りをかいで神経に作用させる方法です。
    ●ティッシュやハンカチ、カップなどにはったお湯に1滴たらし、その香りを楽しみます。
    外出先などでも手軽にできる即効性のある方法です。

    ●オイルウォーマー、ディフューザーなどを使う
    精油を5滴ほどたらしたお湯をろうそくの火で温めて蒸発させ、香りを部屋全体に広げるのが オイルウォーマーです。
    一方、ディフューザーは熱を使わず、電動ポンプの力で香りを広げます。

    ろうそくを使用するときには目を離さず、火事には十分に気をつけてくださいね。

    2.入浴時に使う

    お風呂に精油を入れると、香りで癒され、肌からも精油の成分を吸収することができます。
    ●お風呂に直接4~5滴ほど落としてもよいのですが、精油は脂溶性なので水には溶けにくくなっています。
    天然の塩50gほどに精油をよく混ぜてバスソルトを作り、それをお湯に溶かすのがおすすめです。
    天然塩の浄化作用もあり、とてもスッキリして体も温まります。

    3.オーデコロンを作る

    お気に入りの香りでオーデコロンを作って好きなときに自分や周りの空間に香りを足すことができます。
    ●オーデコロンの作り方
    無水エタノール25mlに好きな精油25滴までを入れてよくかき混ぜます。
    何種類かをブレンドしてもよいですね。

    精製水5mlを加えてよく混ぜ、スプレー容器に移します。
    ビンは遮光性のもの(光を通さないもの)がよいでしょう。

    生活のさまざまな場面に取り入れられる精油。でも、使い方はまだまだあります。
    次回も精油の楽しみ方をお伝えします。

    学校資料請求フォーム
    学校資料請求フォーム

    学校見学・無料体験を行なっています

     これから学ぼうとする整体がどのようなものなのか、入学案内を見ただけではなかなか判断できないものです。それで当スクールでは学校見学・無料体験を随時行なっております。本気で受講をお考えの方には、無料施術体験サービスも行なっています。
      ご自身がお客様になったつもりで、これから学ぼうとする技術を体験なさってください。その素晴らしさを実感していただいたうえで納得して受講していただきたいと思います。
    ※学校見学・無料体験は予約が必要です。
     ご希望の学校に直接電話でお申し込みください。
      各学校へのお問合わせ先はこちら 

    卒業後のサポートも万全

     独立開業をお考えの方には、基礎から運営のノウハウ(サロン開設、集客、経営方法など)を責任指導致します。
     就職希望の方には多くの整体施設運営会社や提携接骨院、直営・提携のサロンなどを紹介いたします。
    >>当学校の卒業生を受け入れていただけるサロン様はこちらのお問い合わせフォームからお問合わせください

    整体師の資格が取れるスクール
    ページトップへ ▲ |   トップ | 学校詳細 | コース紹介 | 各校所在地 | 資料請求 | よくあるご質問 | お問合わせ
      全国整体療法協同組合 | 日本セラピスト協会 | 就職先受付 | サイトマップ | 整体師の資格なら